菅インターナショナルオフィス
在留資格・永住・帰化・国際結婚・国際相続
TEL: 048-256-1225 E-mail: info@suga-inter.net

 MENU
 ■HOME
 ■業務内容
 ■事務所案内
 ■ACCESS
 ■LINK
 ■ENGLISH
 ■お問い合わせ
菅インターナショナルオフィス
〒332-0034
埼玉県川口市並木3-7-1-404
TEL: 048-256-1225
E-mail: info@suga-inter.net




1.教授ビザ (Professor Visa)

 教授ビザとは、日本の大学、またはこれに準ずる機関、高等専門学校において研究、研究の指導、教育をする活動に関するビザのことをいいます。



2.教授ビザで行うことができる活動

 日本の大学、大学共同利用機関、大学入試センター、学位授与機構、水産大学校、海技大学校(分校を除く)、航海訓練所、航空大学校、海上保安大学校、気象大学校、防衛大学校、防衛医科大学校、職業能力開発大学校、航空保安大学校、職業訓練短期大学校、または高等専門学校の学長、所長、校長、副学長、副校長、教頭、助教授、講師、助手等として、研究、研究の指導または教育をする活動が該当します。



3.教授ビザの申請にあたって最小限必要な書類

(1) 受入機関との雇用契約書の写し
(2) 受入機関からの辞令の写し
(3) 受入機関からの採用通知書の写し
(4) 前記(1)または(3)に準ずる文書

※ビザを取得するためには審査基準等を満たさなければなりませんので、必要書類を提出するだけでは立証不十分で取得できない場合が数多くあります。そして、一回不交付になると、次回申請したときの取得の難易度が高くなります。したがって、申請にあたっては、必要書類だけを提出するのではなく、事案に応じた申請理由書を作成して、その証拠とともに添付する方がビザ取得の可能性が高くなります。
 当オフィスでは、ビザ取得に関する打ち合わせ(ビザ取得の可能性、ご用意する書類等のアドバイス)から申請理由書等の作成、入国管理局への申請まで、ビザ取得に向けた万全のサポートを致します。



4.在留期間

 教授ビザの在留期間は、5年、3年、1年、3月です。

Copyright (C) 2010 菅インターナショナルオフィス